お花のケーキ

先日 買ったお花のケーキの型を使って焼きました。
卵黄をいっぱい使っているからなのか、ゴールデンケーキと言うらしい。

お味は、ふつう。
でも、形がかわいいので嬉しい。

型に溶かしたバターをきっちり塗り、小麦粉をうすくはたく。
私は生地を作る間、冷蔵庫に入れておく。
最近はシフォンケーキの特訓中なので、バターを使うケーキは久しぶり。
ちょっと重く感じたかな。


ラッピング 用品とお菓子材料の店【Cotta*コッタ】

アルミ型でシフォンケーキを焼くとプレゼント包装に困る。
カットして包装するのは、すごく面倒。
ホールで包装するのに最適なものを発見!
シフォンケーキ型より、一回り大きめのラウンドケーキ型です。


ケース

簡単なラッピングで 持ち運びしやすいです。

シフォン包装

シフォンの真中にレースペーパーを乗せたら、なかなかどーして!って感じじゃないですか?

シフォン包装


ラッピング 用品とお菓子材料の店【Cotta*コッタ】

ベーグル、成型しました。

ベーグル成型


ベーグル、焼型しました。

ベーグル焼き上がり

じつはベーグルを食べた事がありません。
もっちり みっちり、重量感あるパン。
市販品よりも 手作り品は、こんな感じらしいです。

水分が少ない生地なので、わりに簡単に作れます。


ラッピング 用品とお菓子材料の店【Cotta*コッタ】

パンプディング


おいしそうだな〜と思って買った5個入りのデニッシュドーナツ。

まずかった。

まずいものを食べてカロリー摂取するのはイヤなので、おいしく変身させることに。
冷蔵庫に入ってるラム酒漬けのドライフルーツを使って、プディングにする。
ちなみに去年のシュトーレンを作った時の残り。
1年は持つらしいし、ラム酒も足したし、大丈夫、大丈夫!!

作り方は簡単。
軽くバターを塗った型にパンを千切って詰める。
ドライフルーツも適当にばらまく。
卵液に牛乳を混ぜ、流し込む。
パンに砂糖がいっぱいなので、今回は砂糖入れず。
で、オーブンで焼く。

温かくても 冷たくても それなりにおいしいです。

結局2日ほどで、ぜんぶ食べてしまった。 カロリー怖い。
1週間ほどして、体重に反映されるのかな。
おいしく食べても やはりカロリー摂取は・・・・・・

+++オーブンミトンは木綿の軍手2枚重ねを使用。
+++リーズナブルで あっつあつの天板も平気で持てます。


ラッピング 用品とお菓子材料の店【Cotta*コッタ】



まつもとが、これ以上のモノを食べたことがないとお勧めのスパゲティ。
それも オカンの作ったスパゲティ。

作り方は簡単。
,燭泙佑と豚ミンチを炒めて、これでもかってくらいケチャップを入れる。以上。
◆△△蠅泙擦鵝

早速、作ってみた。
いちお、顆粒コンソメとかも入れてみた。

いや〜〜〜〜。 あなどれない、おいしさです。
それから、うちの冷凍庫には、豚ミンチ常備してます。
やってみて。
ほんま、おいしいですから。




ラッピング 用品とお菓子材料の店【Cotta*コッタ】


ひさしぶりのパン教室。 クリームチーズとパイナップルを入れたパンです。
メッシュローラーで作った生地をかぶせると パイナップルみたいに見えますね。

パイナップルパン

この日のクラスメイトは、Mちゃん。 なんと小学1年生。
ちょっとだけ先生にお手伝いしてもらいながらも 手際よくナンタコスを仕上げました。
小さな子と話すことがないので、とまどいましたがそんな心配は無用でした。
私達とふつうに会話してました。 女の子って、おしゃまなんですねえ。

パイナップルパン




ラッピング 用品とお菓子材料の店【Cotta*コッタ】



クリームパン
カスタードクリームも作りました。
クリームパン






























くるみパン
くるみたっぷりの素朴な味。
くるみパン

































チーズフォンデュパン
上新粉を使ったうわがけ生地がサクサク!
チーズフォンデュパン 































ショコラハートパン
ハート型に成型しているので、ケースなしでもかわいい。
ショコラハートパン




























焼きドーナツ
シリコン型を使って。
焼きドーナツ



























ベーコンエピ
思い切りよくハサミを使えず、不細工に。
右は大葉入り。いい隠し味になります。
エピ






















納得の出来栄えだったり、不細工になってしまったり。
わかっちゃいるけど、奥深いパン作り。
手捏ねを習得したいと思って習い始めたのですが、ショコラとエピの生地がすごくゆるくて、この時ばかりはニーダーが欲しくなりました・・・・・高いんですよね。







ラッピング 用品とお菓子材料の店【Cotta*コッタ】





シュトーレン

ひさしぶりに パン教室に行って来ました。
ドイツのクリスマスシーズンのパン、シュトーレンです。
高糖パン専用のドライイーストを使い、中種生地を先に発酵させておいて
いつもの生地に数回に分けて混ぜ込みます。
いつもと違うのはここだけで、ベンチタイムなし、成形も簡単です。
この形は、生まれたばかりのイエスキリストが包まれているおくるみを
イメージしているそうです。
常温で1ヶ月は日持ちするので、少しずつカットしながら頂いて、クリスマス
の準備をすすめ、準備が整う頃には食べ終わっているというパンだそうです。
クリスマスの日に食べて、祝うパンじゃなかったんですね。
キリスト教徒でない人も なんとなく心浮き立つクリスマスシーズンです。
 


ラッピング 用品とお菓子材料の店【Cotta*コッタ】


青森から紅玉りんごが届きました。
加工用りんごなので見た目はすこーし悪いですが、味は問題なし。
うちの冷蔵庫には、機能を切り替えられるスペースがあるのですが、今日からは冷凍から冷蔵にして、そこがもう満杯。


入りきらなかったりんごを使って、さっそくタルトタタンに挑戦。
持ち手が取れるフライパンを使って作る方法を本で見たので、やってみたくなりました。
作るのは初めてだし、食べたこともなかったのですが、こんな感じになりました。

バターと砂糖を敷いた上にスライスしたりんごを並べるわけですが、カラメル状になって火を止めるタイミングが難しかったです。

味は思ったよりも酸味がきいてさっぱりしていました。
これが紅玉りんごがお菓子作りに重宝される理由でしょうね。

冷蔵庫の中に待機中のりんごで、いろんなりんごのお菓子に挑戦です。


ラッピング 用品とお菓子材料の店【Cotta*コッタ】


ふつか続けてパン教室。

今回はプロのかたが習う講習会。
私が参加してもいいのかな〜と思ったのですが、せっかくお誘い頂いたのだし、見て試食するだけで、作るのには参加しないってことだったので、思い切って行ってきました。



あれよあれよと言う間に出来上がってきます。
がんがん作業が進むのは、仕事場で見慣れていますが、これを先生と助手のかただけで、あっというまに仕上げていきます。


右が先生。左が助手。
先生の専門は洋菓子で、有名なホテルで長い間、勤められていたそうです。
パンにクリームを絞る様子がかっこよかったです。

この日は参加者が少なかったので、成形に少しだけ参加させて頂きました。
複雑に見える形も 単純なやり方だったりします。
1枚にのばした生地の立体的な焼きあがりを想像して作るのと ただレシピ通りに作るのとでは、当然のことですが出来上がりに差が出ます。

今日の講習が、いつか仕事で役に立つといいな。


ラッピング 用品とお菓子材料の店【Cotta*コッタ】



Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

もじでぱ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM